七嶽神社(ナナタケジンジャ)

七嶽神社(ナナタケジンジャ)

源平壇ノ浦の合戦に敗れた平家の公達とその郎党一味が、五島のこの地に落ち延びて七嶽山麓で自刃した。
土地の人は公達とその郎党7人の霊を祀って七嶽権現と称え、祠を建てて十一面観音を斎いて武甕槌命、経津主主を唱えた。
また氏神として崇め、家運を祈願して後世にいたるまで霊験あらたかであったとある。
武甕槌命、経津主主の二柱の神は共に記紀神話に現れる武神。
背後には七岳山があり、7人を祀った七基の石碑がその由来であると言われている。