前島のトンボロ(マエジマノトンボロ)

前島のトンボロ(マエジマノトンボロ)

前島は、南西にある末津島とトンボロと呼ばれる帯状の浜でつながっている。
トンボロとは、奈留瀬戸の激しい潮の流れで小石が堆積してできた砂洲で、幅約10m、長さ約400mに及ぶ。
干潮時には玉石でできた浜が干上がり、前島と末津島が陸続きになる。
トンボロは日や時間帯で形が違う。
満潮になれば途切れ、台風のように風が強いときはうねりが大きくなる。
青白くのびる前島のトンボロはまさに絶景。
また、景観として美しいだけでなく、地形学的にも大変貴重。ちなみに、日本三景のひとつ天橋立(京都)は、前島のトンボロと同じ成り立ち。
前島は、ありのままの自然とゆったりとした静けさを楽しめる別天地。
静寂な時間に身を委ねていると、スッキリと心が洗われた。
面積は小さいけれど、訪れる人を癒してくれるふところの大きい島。