大瀬崎灯台(オオセザキトウダイ)

大瀬崎灯台(オオセザキトウダイ)

明治12年12月15日に初点灯。英国人R・プラトンの設計と言われる。
現在のものは昭和46年に改築したもので、光力は3,700カンデラ光達距離は約22kmにもおよぶ日本屈指の灯台である。
初代灯台の一部は東京・お台場の船の科学館に展示されている。
また、展望台から望む白亜の灯台と東シナ海に沈む夕陽は言葉に表せない美しさがある。
灯台が立つ大瀬崎断崖は西海国立公園の特別地域に指定されている。